エステティシャンについて

エステティシャンはお客様を綺麗にすることが仕事です。もともとは美顔術と呼ばれる女性向けのフェイシャルトリートメントがエステの発端ですが、現在では、脱毛、全身マッサージ、アロマテラピー、リフレクソロジー、タラソテラピーなどもエステティシャンの重要な仕事です。エステティシャンになるには専門的な知識や技術の習得のほか、エステティシャン自身が心身ともに綺麗であることが望まれます。

さて、エステティシャンの資格には国家資格や公的なライセンスはありませんが、日本エステティック協会や日本エステティック業協会(AEA)などの民間団体がエステティシャンの資格を独自に認定しています。エステティシャンの資格は必須ではありませんが、エステティシャンとしての知識や技術のレベルを証明するものですから、エステ業界に勤めるならば取得しておいて損はないでしょう。

もしエステティシャンの資格を取りたいのなら、民間団体の実施する認定試験に合格すれば取得できます。また試験合格をサポートする業界団体認定のエステティシャン養成学校もあります。さらに上を目指そうと思えば、国際的なエステティック団体であるCIDESCO(シデスコ)が認定する国際エステティシャン資格を取得することにより国際的な活躍が期待できます。

エステティシャンのほとんどは若い女性です。現在の日本に約3万人のエステティシャンがいると推定されており、毎年2000人ほどの新規エステティシャンが誕生しています。エステといえばもともとは美顔術と呼ばれるフェイシャルエステから始まりましたが、最近では男性向けエステや医療・介護の分野にまでニーズが広がっています。

ホテルのエステプランを満喫しよう

ホテルの「女性限定プラン」にはさまざまなものがありますが、極上エステがセットされたエステプランは、日常から離れた空間でゆったりとした時間を楽しみたい女性たちに、高い人気があります。外出はせず、純粋にホテルステイを満喫したいという人も多いようです。

ホテルのエステプランを選ぶ場合には、ホテルの雰囲気やアクセスの良さはもちろんのこと、どのようなエステのコースがあるのかという点も気になるところでしょう。アロマセラピーや、リフレクソロジー、アイセラピー、デトックスなど、ホテルによってプランの内容はさまざまです。

海外でも、ホテルのエステ付きプランは高い人気を誇っています。バリ島を訪れる日本人女性の多くは、バリのエステ&スパを目的としていると言っても過言ではないかもしれません。フラワーバスや、クリームバス、トロピカルフルーツを使ったトリートメントなどは、バリ島ならではのものと言えるでしょう。

女性限定のホテル宿泊プランとしては、エステが組み込まれたプランのほかにもいろいろなものがあります。指先をきれいにしていたいけれども忙しくてなかなかできないという人には、時間をかけてじっくりネイルケアやネイルアートをすることができるプランなども好評のようです。

エステに関連したコラム

自ら創り出す「美」。エステよりもサプリメント
著 者: 池田 康祐


エステ業界は大繁盛していますね。

男性でもエステに通うのが珍しくなくなってきたようです。

ところが、最近エステ業界に変化があるようです。

例えばトータルで100万円のコースがあったとします。

今まではそのままのコースでされていた方が、必要最低限だと考える50万円のコースに変更し、あとは健康器具やサプリメントで補っているのだそうです。

これは健康器具やサプリメントの品質が劇的に向上しているためです。

健康については10年ほど前から注目を集めつつありましたが、近年一大産業に成長してからは競合企業が増え、品質と価格の市場調査が頻繁に行われています。

これにより、企業側から一方的に販売される形態から、消費者を第一に考えたマーケティングが始まったのです。

もともとエステというのはお金がかかるものですよね?

外見の美しさはもちろん、内面の健康状態を改善することで、新陳代謝が活発になり美肌効果などが得られるようになっています。

また、化粧品なども人間の体が自然に受け付けられる素材に人気が集中しています。

エステじゃないとダメな部分もあるのでしょうが、他の安いもので補えるならそっちを選ぶ人が増えているのはこのためでしょう。

もちろん景気にも左右されていることは否めませんけど・・・

人に創られる美しさよりも、手軽で安く自分で出来る「美への追求」。

今後益々拍車がかかるのではないでしょうか?


健康と美容は、根本的に繋がっているもの。

美容整形は上記の内容には当てはまりませんが、体の基礎代謝を活性化させるための方法は、毎日のようにネット上で増加しています。

サプリメントも同様に、日々進化しています。

数が多すぎて分からないなら、試供品を提供してくれる企業やショップが多くありますので、ご利用されみては如何でしょうか?


IRORINET   池田 康祐
http://yasuhironet.com

美容と健康アーティクル
http://irorinet.life.coocan.jp/bih

サプリメント
http://yasuhironet.web.fc2.com


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。